スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コールマンアウトレットに行ってきました!

コールマンのアウトレットショップに行ってきました!


今回で2回目です。

初めて行ったのは昨年、ろくに下調べもせずに行ったもんだから、

ついてる値段が安いのか高いのかさっぱり

結局、ただのウィンドーショッピングになって、

何も買わずに帰ってきたのでした。


今回は初キャンプに向けてクーラーとチェアが欲しいなと。

ネットと行きがけに寄ったスポーツオーソリティで

下調べはバッチリ


とは言いつつ、実のところ、

この店にはそれほど期待していなかったんです…

というのも、アウトレット故の品揃えの乏しさと、

メーカー系店舗であるがための価格。

前回はこの2点が原因になって、ボウズで帰った気がしてました。

アンテナショップでもなく、純粋に旧モデルやB級品を扱う店なので、

品揃えに偏りがあるのは仕方がないですが、

キズありの商品が、そこいらの店にある新品より高かったりすると

すごくがっかりしてしまうわけです


ま、そうは言いながらも少しの期待を抱きつつ、

いざリベンジのため、少しばかり足を伸ばして行ってまいりました




前置きが長くなりましたがようやく到着。


早速店へ直行します

3連休とあってかなりの人・人・人・・・

なので、写真はありません


目を皿のようにして何が置いてあるか、

さほど広くもない店の中をグルグル。


今回はお花見シーズンのせいか、

テーブル関係のアイテムが充実してました。

あと、シーズン前の店舗在庫入替のせいか、

テントもかなりの数がありました。



で狙いに行ったクーラーですが、

予想通り価格的にな状態です。

これは完全に返り討ち!


気を取り直してチェア、チェア~と。

といいながら、どっしり座るようなチェアはほとんど無く。


店の一番奥にひっそりと置かれている

Coleman(コールマン) イージーリゾートチェア
Coleman(コールマン) イージーリゾートチェア








入口の脇に山ほど置いてあるアームチェア

アームチェア3


ぐらいかな?


あ、そうそう、理由ありの一点でこんなのもありましたよ!
Coleman(コールマン) フリーリクライニングチェア
Coleman(コールマン) フリーリクライニングチェア


これってすんげー高いやつでしょ?




しかも、驚きの値段がついてました!





が、憶えていません(笑)

でも確か5,000円台。

いや、めっちゃ安いやん!って思ったんですよ!


で、理由ありの“理由”に迫ると・・・


「少しガタつきます」


せっかくの高級リクライニングチェアも、

ガタガタしては台無しプッ


パパねこ的にはこんなん
Coleman(コールマン) イージーリフトチェア
Coleman(コールマン) イージーリフトチェア


これでぼーっとしてみたい



を狙ってたわけですが、

無いもんはどうしようもないっすね


イージーリゾートチェアは座った感じが値段の割りにイマイチだったし、

ママねこの希望であるレッドがあったということで、

アームチェア3は好感度大です。

1,680円というお手頃さもあり、今回の戦利品1号に決定です。


その後、店内を物色していると、

Coleman(コールマン) ピクニックベンチセット
Coleman(コールマン) ピクニックベンチセット


どうせならこういうのがほしーの。

8,400円也。


これは安い…けど、テーブルの購入予定はもっと後。

とりあえずは以前バーベキュー用に買った、

テーブルとイスが一体になったものを使う予定でした。

↓こんなやつです。



もうちょっと安かったらなぁ~

テーブルとベンチがバラバラの方が便利だし。

テーブルだけでも結構な金額するしな~。


と、その時、ママねこの一言。

「あれってここから20%OFFなん?」

「え?」

よく見ると、セール中で一部商品が20%OFFになっていました。

早速店員に確認、オッケーです!

8,400円の20%OFF=6,720円!

ハイ、決まり!


最後にアルミキャノピーポール180が安くなっていたので

これも2本お買い上げ~



そんな感じで期待してなかったわりには、

どっさりと買い物して帰りました。


<今回の戦利品>
Coleman(コールマン) ピクニックベンチセット
Coleman(コールマン) ピクニックベンチセット


6,720円でGet!
大満足の一品です。


Coleman(コールマン) アルミキャノピーポール 180
Coleman(コールマン) アルミキャノピーポール 180


1,575円でした。
軽いし、見栄えもよくてgoodです。


Coleman(コールマン) アームチェア3
Coleman(コールマン) アームチェア3


1,680円でした。
ノーブランドでも1,000円くらいするから、お買い得かな?


後日、レビュー記事を予定です。

乞うご期待!











スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

アネックススクリーンタープ(コールマン)~購入編

ここまでのあらすじで書いたとおり、

とりあえず、ランタン・タープ・BBQグリルを買おうと考えていました。


で、ランタンを無事購入したということで、

次はタープかな?


いつものとおりネットで調査。


どうせならテントと連結しやすいものがいいなぁ。

と漠然と考えつつ見てましたが、

の都合も考えてピックアップしたのが、

Coleman(コールマン) スクリーンキャノピータープII
Coleman(コールマン) スクリーンキャノピータープII

1万円台の前半で売っていることもしばしば。(09年1月頃の話です。)
大きなキャノピー、値段を考えるとかなり魅力的な一品。
09年もカタログ入りしてます。


Coleman(コールマン) ラウンドスクリーン400EX
Coleman(コールマン) ラウンドスクリーン400EX

言わずと知れたコールマンのド定番タープ。余裕の広さが魅力。
09年は400EXプラスに進化してます。



Coleman(コールマン) アネックススクリーンタープ
Coleman(コールマン) アネックススクリーンタープ

サイズはコンパクトながら、ドームテントとの連結用フラップが付いています。
09年はアネックススクリーンターププラスに進化してます。



の3点。


ラウンドスクリーン400EXがかなり魅力的でしたが、

25,000円程度とちょっと予算オーバー。


パパねこ一家は3人家族なので、実のところ広さにこだわる必要もありません。

ということで、残りの2候補からの選択ですが、

安いスクリーンキャノピータープIIにするか、

連結がしやすいアネックススクリーンタープにするか。


ラウンドスクリーンにせよ、スクリーンキャノピータープにせよ、

テントとの連結はできるようなのですが、

この場合、テントをだいぶタープの内側を入れないといけないようで、

ということは、結局広くても使える面積は同じようなもん?

いや、ひょっとすると逆に狭くなる?

いずれにしてもデッドスペースができるのは避けられないようで、

これがパパねこ的にはどうにも無駄に思えたのです。


ということで、アネックススクリーンタープを買うことに決めたのでした。


ところが、

この時点ですでにナチュラムは販売終了。

Amazonや他のネットショップでは、少しばかりの在庫がある模様。

安く買うことばかりを考えてると、手に入らなくなるかも知れません。

(1月現在では09年モデルが分からなかったから、連結重視の商品

 が出るかどうか分からなかったんですね~)


ちなみに店頭では、山ほど置いてある店もあったり、

(それもかなり年季が入っている在庫が)

跡形もなかったり。

店によってかなりまちまちでしたが、いずれも20,000円を超える状態で、

これなら少しの差でラウンドスクリーンが買えてしまいます。


そんなこんなで、しばらくネットで価格を調査。


ヤフオクの新春セールということで、無事予算内で買うことができました。

eSPORTSでおまけ付き18,800円というのが何点かあって、

こちらもいいかな?と思ったんですが、

おまけナシでより安いものに落ち着きました。



到着後、早速開封。

さすがに、狭い我が家の中では張る場所がないので、

付属品の確認くらいしかできません。


Annex-1


ペグとロープを確認してます。

写真には写っていませんが、あまり意味ないと思われる

プラスチックのハンマーが付属しています。

タープの4隅を固定するプラペグが4本、

張り綱用のスチールペグが20本入っています。

実際にロープを張るのはキャノピーを含めても10本までなので、

予備としては親切な本数ではないでしょうか。



で、本数を確認していましたが、


Annex-2


ありゃ?


このペグおかしくね?

反対側を見てみると


Annex-3

いや、これはさすがに使いにくいでしょう



後日、コールマンのカスタマーサービスに連絡したところ、

新しいペグと交換してくれました。

このとき、さらに予備をいただいたのでスチールペグだらけです(笑)



そんなこんなで、2品目、タープも手に入れました

近々試し張りをするつもりなので、その様子を後日したいと思います。






Coleman(コールマン) ラウンドスクリーン400EX プラス
Coleman(コールマン) ラウンドスクリーン400EX プラス

09年の新商品。
ラウンドスクリーン400EXにアネックス~の連結用フラップが付きました。
これは人気出そうですね~いいなぁ


Coleman(コールマン) アネックススクリーンタープ プラス
Coleman(コールマン) アネックススクリーンタープ プラス

09年の新商品。
ポールの追加で剛性UPです。
これの連結は従来のアネックス~とは異なるようです。


Coleman(コールマン) ワイドスクエアスクリーンタープ
Coleman(コールマン) ワイドスクエアスクリーンタープ

09年の新商品。
これはお目にかかったことないですね~
手ごろのサイズで優れたスペース効率。見てみたいです。


Coleman(コールマン) スクリーンキャノピータープII+【アルミロールテーブル】セット
Coleman(コールマン) スクリーンキャノピータープII+【アルミロールテーブル】セット

こんなんもあります。
お得なアルミロールテーブル付!



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コールマン新製品見てきました!

スポーツオーソリティに行ってきました。

スポーツオーソリティは冬場でもテントやランタン、

キャンプ道具を一通り揃えている素敵なお店です。





で、そろそろコールマンの2009年カタログがあるかな~?

と思って見に行ったところ…



お!



TSA090309


テント&タープが展示してある!

ようやくこの季節が来ましたね

久々のこの状態に、パパねこはちょっとパニック気味です




2009年新製品のバイザードームスカイルーフ300と、

ラウンドスクリーン400EXプラスがコネクトして置いてありました。


少しでも安く上げるためにオフシーズンにアイテムを揃えだしたんですが、

やっぱり新しいものは気になりますね。


テントの中から空が見えるスカイルーフ、初めて見ましたが明るくていいですね!

雨のとき、音が気になるに違いない。なんて、自分を慰めたり。

雨の日にテント張るかどうか疑わしいもんですが(笑)


う~ん、300角のテントはいいですね!

ラウンドスクリーン400EXプラスもさすがに余裕の広さ。


棚の方にはBCバイザードーム270や、

アネックススクリーンターププラスなんかも置いてありましたよ!

2009年モデルはテントと連結できるタープや、ロッジタイプのテントが充実してますね~。

パパねこは連結がどうしても気になって旧型のアネックススクリーンタープを買ったんで、

このあたりの新製品はどうしても気になります。

2009年モデルが出るまでは、テントと連結するフラップが付いてるのは

アネックススクリーンタープしかなかったし、しかも生産終了してたみたいだったんで、

ちょっと焦りつつ思い切って買ったもんで

テントも機能性がよくなってるし、ポールの見直しで軽くなってるものが多いです。

でも、値段も1万円ほど上がってるみたいだし、結果オーライかな?


これから買う人は色々と選ぶ余地があっていいですね~

どれにするか悩んで、ネットで調べたり、店に見に行ったりするのも

楽しみのうちですから。


あ、ちなみにパパねこは特に収穫なく、

2009年カタログをgetして帰りました(笑)

Coleman(コールマン) バイザードームスカイルーフ /300
Coleman(コールマン) バイザードームスカイルーフ /300

300角のテントではお手頃価格。
ポールもアルミが2本、バイザー用がFRPと軽量です。
寝ながら空が見えて、ファミリーユースにはぴったりですね!


Coleman(コールマン) ラウンドスクリーン400EX プラス
Coleman(コールマン) ラウンドスクリーン400EX プラス

ラウンドスクリーン400EXがテント連結用のフラップや、
ルーフベンチレーションなどでパワーUP!
夏のキャンプやバーべキューでは大活躍しそうですね。
人気モデルになること間違いなしの新製品です。

Coleman(コールマン) BCバイザードーム /270
Coleman(コールマン) BCバイザードーム /270

BCキャノピードームプラスと似たようなテントですね。
BCキャノピードームプラスはカタログ落ちしているので、
入門用の後継モデルといった位置づけでしょうか。
こちらもアルミ+FRPのポールで軽いのが魅力です。

Coleman(コールマン) アネックススクリーンタープ プラス
Coleman(コールマン) アネックススクリーンタープ プラス

特徴であった従来の連結用フラップはそのままに、
ラウンドスクリーンゆずりのフレーム構造で強度UP!
ラウンドスクリーンより小ぶりですが十分な広さです。



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

2600ピナクルLPガスランタン(コールマン)

前回の続きです。

メインランタンということで、コールマンの

2600ピナクルLPガスランタンを購入しました。


pinnacle-01

今回はeSPORTSでの購入です。


↑eSPORTSへはこちらから。

商品はダンボール箱で梱包された状態で到着。

箱には大きな傷みも無く、一安心…と思ったら、

ちょうど値札を貼るあたりの表面が剥がれていて、なんだか不安

どっかで店頭に並んでいたのかな?

新品のはずなんだけど。


恐る恐る箱を開けてみると、一応未開封のようです。ホッ

ベンチレーターと持ち手の部分が組み立てになっていますが、

ベンチレーターの穴の位置を合わせて持ち手を挿すだけで完成です。


それでは、まず収納状態から。
pinnacle-02

この状態だと、よく言われる大きさはそれほど感じません。
いや、確かにデカイのですが、特別支障がでる大きさではないと思います。


ちなみに、上部はケースの穴部分に
ベンチレーターがきっちりと収まるようになっていて、
運搬時にガタつかないようになっています。
DSCF0442-b.jpg

ケースの上部分と下部分をひねることでロック・アンロックする構造です。
ステンレス部分の黒丸と、ケース下部分の白丸を合わせるとロックが外れます。
DSCF0443-b.jpg

ケース上部を外すとこんな感じです。
DSCF0450-b.jpg

本体部分を取り出して、
pinnacle-06

ケース上部にセットします。
先程と同じように、ランタン本体を回すとロックがかかります。
(下の鍵マークの部分。写真はアンロック状態です。)
pinnacle-07

同じようにケース下部分を取り付けます。
今回は収納時と違って、奥の方まで差し込みます。
pinnacle-08

あとは、足を出せば使用状態になります。
pinnacle-09


ちなみに、ケース部分はこんな感じになっています。ステンレス部分は、
プラスチックケースに薄いステンレス板を取り付けてあるだけです(笑)
pinnacle-10

点火は自動点火です。
pinnacle-12
赤いボタンを押すと連続的に火花が飛ぶので、
つまみを回してガスを出せば点火します。

そういえば、2009年モデルのノーススターも同じような点火装置が付いたようですね。


そして、個人的に気になる部分がここ。
pinnacle-11
本体を下から写した部分ですが、ここに点火装置用の電池を取り付けます。

見てのとおり4本のビスでがっちり止まっていて、
電池の付け外しはかなり面倒です。(+ドライバーもいるし

フタにはゴムパッキンが付いていて、水が浸入することはなさそうですが、
面倒がって電池を入れっぱなしにしたままシーズンを越すと、
液漏れでイグナイダーが使えない!なんてことにもなりかねません。

もうちょっと簡単に取り外しできてもいいと思うんだけどな。
(ひょっとすると2009年モデルは変わっているかも知れませんが)


使用マントルは95型チューブマントルです。
DSCF0467-b.jpg


最後に余談ですが、説明書に意外な一言が。
pinnacle-14
ランタンハンガー等で吊すなどの使用はおすすめしません。
ってどうなんだろ?
説明書にこっそり書いてるのってズルい気がするんですけど…

皆さん、ハンガーで吊るす際は自己責任で


Coleman 2600ピナクルLPガスランタン
Coleman 2600ピナクルLPガスランタン



Coleman 2500ノーススターLPガスランタン
Coleman 2500ノーススターLPガスランタン



Coleman マントル(95型)
Coleman マントル(95型)












続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

2600ピナクルLPガスランタン(コールマン)~購入編

パパねこのキャンプ道具購入第一弾!

タープ、ランタン、BBQグリルと、とりあえずのターゲットは決めたところで、
それぞれにどんな品物があるかを調べて、
どんな値段で売っているのかをチェック。

ランタンはやっぱりコールマンが圧倒的なラインナップですね。
大学時代に所属していたクラブでは、
コールマンのシングルバーナーを使っていたこともあり、
個人的には一番親しみのあるブランドでもあります。

そんな中で狙いを定めたのはコレ↓。

Coleman(コールマン) 2600 ピナクルLPガスランタン
Coleman(コールマン) 2600 ピナクルLPガスランタン






コールマンと言えばやっぱりこっち↓かな?
Coleman(コールマン) ノーススター2000ランタン
Coleman(コールマン) ノーススター2000ランタン






ガソリンを缶から注いで、ポンピングして、
って懐かしさも手伝ってかなり魅力的ではあったのですが、
値段も高いし、
キャンプに行く頻度を考えると燃料の保管の問題もあるし、
ってことでガス式にしようと。

ガス式といえば、
Coleman(コールマン) 2500ノーススターLPガスランタン
Coleman(コールマン) 2500ノーススターLPガスランタン






これが正統派かな?
こっちの方が人気もあるようですね。
ピナクルより安いし。

もちろん、他にもまだまだありますが、

大は小を兼ねる!

ということで最強クラスのもので検討しました。

でピナクルとノーススターについて何点か
パパねこ的比較をしてみました。

価格:
これはノーススターの方が2,000円ほど安い場合が多いみたいですね。

重量:
ピナクルが約2.31kg、ノーススターが約1.32kgと1kgほどピナクルの方が重いです。

明るさ:
カタログによると、
ピナクルが約380CP(240W相当)、ノーススターが約320CP(200W相当)。
ただし、2個並べて使わない限り、実際の使用では差は感じないかも。

大きさ:
ピナクルはとにかくデカイ!というコメントをよく見ます。
使用時の大きさは確かにデカイでしょう。
ノーススターはガス缶が裸で付いているのに対し、
ピナクルはケースが付いているのでその分大きいのは当然ですね。

ただし、収納時の大きさはそんなに変わらないのでは?
店頭で箱の大きさを見てもらえれば、なんとなく分かっていただけると思います。

ランニングコスト:
どちらもマントルは同じ95型、燃焼時間もカタログ値は4~8時間と同じです。

デザイン:
これは好みが分かれるところ。
いかにもコールマンというデザインはノーススターですね。


さて、ここまで書いて見てみると
ノーススターの方がメリットが多いように見えるので、
パパねこがピナクルを選んだ理由を少し。

①地面に直置きできる。
我が家はこれからのデビューということで、道具が十分に揃っていません。
ランタンも1個であちこち照らさないといけないと思うと、持ち運びできる方が便利です。
いちいちハンガーを使わなくても、好きなところに気軽に置けるという点がお気に入りです。

②音が静か。
これは自分で比べたわけではないですが、色々なランタンの
明るさと燃焼音の大きさを測定された方のブログをナチュラムで拝見したところ、
ノーススターの方が明らかに音が大きいとのことでした。

③すっきり片付く。
ノーススターにもランタンケースが付属していますが、
ピナクルは土台部分にきっちり収納できるつくりになっていて、
持ち運び時も安心です。

④ガスカートリッジが外から見えない。
メーカー純正のカートリッジを使うのが基本ですが、
他社のものやカセットガスを流用したとしても、外からは分からない(笑)
※カートリッジの変更はあくまでも自己責任で!

なんだか言い訳がましくなって来ましたが、
最終的には「明るさNo.1」という文句と、
見た目がこっちの方が気に入ったので

ピナクル、購入決定!

今回はヤフオクのesports_auctionで購入しました。
送料が750円とちょっと高いのがたまにキズですが、
1円スタートのオークションは他店より安く買える可能性大です。
通常のeSPORTSのポイントが付かないので注意が必要です。

ちなみにここ最近の落札価格はこんな感じです。
11月19日 8,250
11月23日 6,550
11月26日 6,750
11月30日 6,760
12月 3日 7,380
12月 7日 7,000
12月10日 6,530
12月14日 6,830
12月17日 6,751
12月21日 6,700
1月11日 6,600
2月 1日 7,250
2月 8日 7,250
2月15日 7,250
2月18日 6,650
2月22日 6,450
2月25日 5,750

オークションなので上の価格は税抜きです。
送料や振込手数料がかかってしまいますが、
他店でのセール状況しだいですが、7,000円以下なら買いなのでは?

それでは、次回は実際の品物の写真を入れた記事をUPをしようと思います。


テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

パパねこ

Author:パパねこ
今年こそはキャンプに行こう!
と決めた2008年正月。
2009年5月、構想一年を経て
ようやくデビューしました(笑)

構想期間中、意気込んでブログまで作ってみました。
キャンプの楽しさを伝えられたらいいなぁ~
 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

blogram投票ボタン
↑クリックお願いします!
ご訪問ありがとうございます


ジオターゲティング
このブログの成分は??
最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
Topics
coleman特集 ユニフレーム特集 スノーピーク特集 SOTO特集 キャンプのオススメお買い得セット キャンプ入荷速報
おすすめ
月別アーカイブ
ブログ内検索

全ての記事を表示する

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。