スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イワタニ ジュニアランタン

毎日やたらといい天気ですね。

そのかわり異常に暑いですが、キャンプ場にも行きたいなぁ・・・なんて。

でも、なかなかそうもいかないので、

今日は我が家のお役立ちアイテムのご紹介でも。

ピンボケですが
JRL-01

イワタニのジュニアランタンです。

初めてのキャンプに行くにあたって、テーブル用のランタンとして買いました。

JRL-04

色々と調べていたら評判がよかったのが決め手です。

明るさは申し分ないし、安定した灯りをもたらしてくれます。

価格から考えると、とてもいい出来だと思います。

JRL-02

ケースが付属しています。

ちょっと安っぽい感じですが、専用ケースが付属というのはありがたいですね。

JRL-03

ケースに入れるとこんな感じです。

ちょっとスカスカしてるので、僕はふわふわの布にまいてケースに入れています。


ケースから出して、脚を展開。

JRL-05

なんだかイカのようですが(笑)

展開しようとするときは、一本ずつ開くのではなく、

脚を一度このようにしないと、お互いに干渉してうまく開きません。

JRL-06

脚を開くとこんな感じ。

特に飾り気のないシンプルないでたちです。

JRL-07

マントルの交換などは、上の蓋を開け、

グローブを取り外して行います。

ピンで止まっているだけなので、工具が無くても取り外せて、

出先で交換するときも安心です。

JRL-08

パッケージでは短い缶をセットしてありますが、

どこでも手に入る長い缶も使えます。短いほうが高いし・・・

(なので、スーパーで売っているようなイワタニ以外の缶も・・・自己責任で

JRL-09

明るさは写真では伝わらないと思いますが、

ノーススターのようなメインのランタンをサイトの外の方に置いていても、

ジュニアランタンがあればテーブル上は十分な明るさになります。

しかも真冬でもない限りは、点け始めの明るさを保ったまま

ガスがきれいに無くなるまでずっと燃えてくれます。

十分な明るさがあるおかげで、全開にして使う方が少ないような。


ランタン購入時に予備のマントルも購入したのですが、

マントルが2個付属しているので、慌てて買う必要はないと思います。

しかも、このマントルはかなり丈夫で、まだ一度も交換したことがありません。。

JRL-10

交換用のマントルは3個入りだから、もう一生いらないかな(笑)

(なぜか付属のマントルと交換用のマントルはモノが違います。)

このサイズのランタンは他のメーカーからも色々と出ているので、

好きなメーカーがあればそこのを買うのがいいかもしれませんが、

これからキャンプを始めるような人で、お手軽カセットガス派の人には

欠点の少ないランタンなのでかなりオススメです。


強いて欠点を挙げるとしたら、長い缶を使ったときに場所をとりすぎることかなー


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ            blogram投票ボタン
にほんブログ村     FC2ブログランキング    blogramランキング

↑ランキングに参加してます。気が向いたらポチッとお願いします。


イワタニ産業(Iwatani) ジュニアランタンCB-JRL2
イワタニ産業(Iwatani) ジュニアランタンCB-JRL2

燃料がどこでも手に入って安心。
ランタンとしての性能も優秀だと思います



イワタニ産業(Iwatani) カセットフーランタン用マントル/3P
イワタニ産業(Iwatani) カセットフーランタン用マントル/3P

3つで700円というのもコストパフォーマンス高いです






PRIMUS(プリムス) IPー8881 フロストホヤ
PRIMUS(プリムス) IPー8881 フロストホヤ

このグローブが使えるようですね。
ちょっと気になります。



ユニフレーム(UNIFLAME) テーブルトップランタンUL-T
ユニフレーム(UNIFLAME) テーブルトップランタンUL-T

こっちなら3wayで置き場所を選ばないようですね




SOTO レギュレーターストーブ+レギュレーターランタン【お買い得3点セット】
SOTO レギュレーターストーブ+レギュレーターランタン【お買い得3点セット】

ランタンもバーナーもこれからなら、
こっちもオススメです


スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

キャンドルランタン

今日はちょっと本流と外れますが、

先日も書いたIKEAの話を。



IKEAにはキャンプに使えそうなアイテムが色々あるということは

以前にも書いたとおりですが、

今回はいちばん付き合いの長いアイテムをご紹介します。



それは、このキャンドルランタンです。

candle-01

なんの変哲もないランタンですが、

値段が手頃なせいか、結構持っている人は多いようです。


いい匂いのするキャンドルがたっぷり入ったパックも、

数種類売っています。


小さなキャンドルですが、2時間ぐらいは十分持ちますよ。

扉を閉めておけば途中で消えることもないです。


屋外で使えばそれなりの明るさがあるので、

食事の後でまったりするのに使ったりしています。

(実際の雰囲気はこんな感じ。)


メインの灯りは焚き火で、手もとはキャンドルで・・・

ってのが最高ですね。


candle-02

IKEAでは現在、白・黒・亜鉛メッキの3色が売っています。

限定だった赤は復活しないのかな~?




近くにIKEAがないって方は↑こんなんどうですか?

どう見ても全く同じですね(笑)

値段はかなり高くなっていますが

amazonなら他にもたくさんありますよ!

ナチュラムならこっち!


秋の夜長にやわらかい照明、オススメです




にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ            with2banner
にほんブログ村     FC2ブログランキング   人気ブログランキング
↑ランキングに参加してます。気が向いたらポチッとお願いします。

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

スノーピーク パイルドライバー

今日はランタンスタンドとしては定番の、

パイルドライバーをご紹介します。


スノーピーク(snow peak) パイルドライバー
スノーピーク(snow peak) パイルドライバー



って持ってる人も多いんだろうけど…



泊まりでキャンプに行くとなると、ランタンは必携アイテムですが、

専用のスタンドもあった方が便利なのは間違いないと思います。

ランタン以外のものも吊るせるし。



こいつの便利な点は色々ありますが、、

①安定感が抜群によい
通常の三脚タイプだと、しっかりペグダウンしておかないと、
当然倒れてしまう可能性があるわけですが、
パイルドライバーの場合は、ポールそのものを地面に突き刺してしまうので、
風や衝突で倒れてしまう可能性は皆無に近くなります。
特に食器乾燥用のネットのような大きく風を受けやすいものも
安心してぶら下げることができます
また、ランタンのホヤを割ってしまうような深刻なトラブルも避けられます。

②場所を選ばずに設置できる
自然の地形のなかで使う場合、傾斜地での使用もありますが、
地面が傾斜していても好きな角度に打ち込めます。
三脚タイプのものでは真似ができない部分です。

③足元がすっきり
個人的にはこれが一番のメリットだと思います。
キャンプサイト内はペグだのロープだのと、
ただでさえ足を取られるものが多く物を置く場所を制限されますが、
これは棒が一本あるだけなので、うっかりスタンドを倒してしまったり、
自分が転んでケガをする危険性がありません。
うちのように子供がいる家では重要な点です。
実際、これが購入動機になっている人も多いようです。

また、足元の空間が要らないので、タープの中などの
スペースが限られた場所で使うときにも威力を発揮します。


なんだかんだと書きましたが、見た目に一目惚れ的な感じで、
ひととおりキャンプ道具を揃えるときに買っちゃいました。
スラッと立っている姿は、脚を広げて立っているものにはない
スマートさがあります。(自己満足ですが

敢えてデメリットを挙げるとすると、
①収納サイズが大きい
②急いで使おうと思っても、打ち込む時間がかかる(わずかですが)
③一度設置すると、気軽に移動できない
 (パパねこ家はピナクルランタンを使っているので、不便は感じませんが)

といったところでしょうか。


買ってからキャンプに行くまでにかなりの期間があったので、
ちょこっと細工をしてみました。

通常は30センチほど地中に打ち込んで使うとのことですが、
本体には目印のようなものもなく、実際にどの程度刺さっているのか
とても分かりにくい感じがします。

pile-1


そこで、目印に色を塗ってみることにしました。
ちょうどよい物がなかったので、
長年眠っていたプラモデル用のアクリル塗料を塗ってみます。

pile-2


色はクリアレッドです。

地面に埋まるところに塗ってしまうと、
すぐに剥がれてしまいそうなので数センチ余裕を持ったところに塗ってみました。

pile-4


こんな感じで完成です。

pile-3



実際に使ってみた感想ですが、
慣れないと打ち込み時にフック部分が暴れてしまい、
やや扱いにくい印象もありましたが、安定感は抜群です。
(説明書によるとフック部分も一緒に握るとのことです)
地面が硬かったので、おそらく20センチほど打ち込んでの使用でしたが、
撤収時に引き抜くのに苦労するほどの刺さり具合でした。

深さを気にしすぎるより、安定具合で判断すればいいと思います。


スノーピーク製品にしてはお手頃な値段で、実売価格は4,500円くらいです。
他のブランドと比べてもお買い得な値段だと思います。

しかも今ならAmazonで安く買えるようです!
詳しくはコチラを見てください。



スノーピーク(snow peak) パイルドライバー
スノーピーク(snow peak) パイルドライバー

オリジナリティ溢れる定番品です。




スノーピーク(snow peak) パイルドライバーPro.S
スノーピーク(snow peak) パイルドライバーPro.S

財布が許せばステンレス製のこっちがいいです。




Coleman(コールマン) ランタンスタンド3
Coleman(コールマン) ランタンスタンド3

コールマンならコレ。




ロゴス(LOGOS) システムランタンポール3
ロゴス(LOGOS) システムランタンポール3

ロゴスもあります。




ロゴス(LOGOS) ランタンフック
ロゴス(LOGOS) ランタンフック

これもあれば便利です。










テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

アルバ つめかえ君 TKアダプタ

ゴールデンウィークの初キャンプに向けて、色々と買い足していたものをご紹介。

今回はアルバのTKアダプタです。

どのランタンを買おうかとネットを徘徊中に見つけたのが、このTKアダプタ。

燃料の統一ということで、カセットガスにまとめたいなぁ…
と思ってランタンを探していました。

はじめはカセットガスということで、
ユニフレーム(UNIFLAME) フォールディングガスランタンUL-X
ユニフレーム(UNIFLAME) フォールディングガスランタンUL-X






見栄えもよくコンパクトなこれを本命に考えていたわけですが、
どうも評判がもうひとつな様子

メインのランタンとしての選択だったので、
光量が足りないというのは致命的でした

そこで、色々と見ているうちにTKアダプタで
ノーススターやピナクルを使えるらしいということが分かり路線変更。
ピナクルを購入したわけです。

ピナクルが届くとともにTKアダプタを発注。
送料込みで2,300円程です。
1週間ほどで無事に到着。代金は後払い可なのが良心的です

ここで、TKアダプタについての説明を少々。

TKアダプタは「つめかえ君」という商品の部品です。
「つめかえ君」は各メーカーがアウトドア用に販売しているブタンガス等の缶(OD缶)や
カセットガス缶等の間でガスを移しかえるための器具で、
複数の缶を使用した後などに、ひとつにまとめたりすることができます。

TKアダプタはその名のとおり、
本来はその「つめかえ君」にカセットガス缶を接続するためのものです。


話がそれてしまいましたが、
今回はそれを使ってピナクルにカセットガス缶をダイレクトに取り付けてみました。

TKアダプタ1
ランタン側の部分です。OD缶と同じ径のネジが付いています。

TKアダプタ2
カセットガス缶を取りつける側です。
缶の固定用のツメが付いています。


TKアダプタ3
ランタンに取り付けるとこんな感じになります。
ちなみに、先にランタンに取り付けないと大変なことになります(笑)

ピナクルに取り付けた場合、この状態で他の部分より下へ出っ張ってしまうので、
面倒ですが取り付けたまま収納するのは避けた方がよさそうです。


TKアダプタ4

カセットガス缶を取り付けるとこんな感じ。
かなり頭でっかちなので、置いて使用するのは無理です。
缶の取り付け部分の強度を考えても、吊るかケースをつけるかが必要でしょう。

TKアダプタ5

カバーをつけると、写真のイワタニのガスの場合は、
ほんの少し缶がはみ出しますが、
この下に脚の部分が付くので、実際には缶はどこにも当たらずに使えます。
ピナクルの場合、外からどのガス缶を使っているか分からないという特典付きです

TKアダプタ6

この後、点火テストしてみましたが、もちろん問題なく点火しますよ

使用は自己責任になりますが、OD缶の不足に備えるという意味でも
一個あれば便利だと思いますよ!おすすめです


Coleman(コールマン) 2600 ピナクルLPガスランタン
Coleman(コールマン) 2600 ピナクルLPガスランタン





Coleman(コールマン) 2500ノーススターLPガスランタン
Coleman(コールマン) 2500ノーススターLPガスランタン





ユニフレーム(UNIFLAME) フォールディングガスランタンUL-X
ユニフレーム(UNIFLAME) フォールディングガスランタンUL-X









テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

2600ピナクルLPガスランタン(コールマン)

前回の続きです。

メインランタンということで、コールマンの

2600ピナクルLPガスランタンを購入しました。


pinnacle-01

今回はeSPORTSでの購入です。


↑eSPORTSへはこちらから。

商品はダンボール箱で梱包された状態で到着。

箱には大きな傷みも無く、一安心…と思ったら、

ちょうど値札を貼るあたりの表面が剥がれていて、なんだか不安

どっかで店頭に並んでいたのかな?

新品のはずなんだけど。


恐る恐る箱を開けてみると、一応未開封のようです。ホッ

ベンチレーターと持ち手の部分が組み立てになっていますが、

ベンチレーターの穴の位置を合わせて持ち手を挿すだけで完成です。


それでは、まず収納状態から。
pinnacle-02

この状態だと、よく言われる大きさはそれほど感じません。
いや、確かにデカイのですが、特別支障がでる大きさではないと思います。


ちなみに、上部はケースの穴部分に
ベンチレーターがきっちりと収まるようになっていて、
運搬時にガタつかないようになっています。
DSCF0442-b.jpg

ケースの上部分と下部分をひねることでロック・アンロックする構造です。
ステンレス部分の黒丸と、ケース下部分の白丸を合わせるとロックが外れます。
DSCF0443-b.jpg

ケース上部を外すとこんな感じです。
DSCF0450-b.jpg

本体部分を取り出して、
pinnacle-06

ケース上部にセットします。
先程と同じように、ランタン本体を回すとロックがかかります。
(下の鍵マークの部分。写真はアンロック状態です。)
pinnacle-07

同じようにケース下部分を取り付けます。
今回は収納時と違って、奥の方まで差し込みます。
pinnacle-08

あとは、足を出せば使用状態になります。
pinnacle-09


ちなみに、ケース部分はこんな感じになっています。ステンレス部分は、
プラスチックケースに薄いステンレス板を取り付けてあるだけです(笑)
pinnacle-10

点火は自動点火です。
pinnacle-12
赤いボタンを押すと連続的に火花が飛ぶので、
つまみを回してガスを出せば点火します。

そういえば、2009年モデルのノーススターも同じような点火装置が付いたようですね。


そして、個人的に気になる部分がここ。
pinnacle-11
本体を下から写した部分ですが、ここに点火装置用の電池を取り付けます。

見てのとおり4本のビスでがっちり止まっていて、
電池の付け外しはかなり面倒です。(+ドライバーもいるし

フタにはゴムパッキンが付いていて、水が浸入することはなさそうですが、
面倒がって電池を入れっぱなしにしたままシーズンを越すと、
液漏れでイグナイダーが使えない!なんてことにもなりかねません。

もうちょっと簡単に取り外しできてもいいと思うんだけどな。
(ひょっとすると2009年モデルは変わっているかも知れませんが)


使用マントルは95型チューブマントルです。
DSCF0467-b.jpg


最後に余談ですが、説明書に意外な一言が。
pinnacle-14
ランタンハンガー等で吊すなどの使用はおすすめしません。
ってどうなんだろ?
説明書にこっそり書いてるのってズルい気がするんですけど…

皆さん、ハンガーで吊るす際は自己責任で


Coleman 2600ピナクルLPガスランタン
Coleman 2600ピナクルLPガスランタン



Coleman 2500ノーススターLPガスランタン
Coleman 2500ノーススターLPガスランタン



Coleman マントル(95型)
Coleman マントル(95型)












続きを読む

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

パパねこ

Author:パパねこ
今年こそはキャンプに行こう!
と決めた2008年正月。
2009年5月、構想一年を経て
ようやくデビューしました(笑)

構想期間中、意気込んでブログまで作ってみました。
キャンプの楽しさを伝えられたらいいなぁ~
 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

blogram投票ボタン
↑クリックお願いします!
ご訪問ありがとうございます


ジオターゲティング
このブログの成分は??
最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
Topics
coleman特集 ユニフレーム特集 スノーピーク特集 SOTO特集 キャンプのオススメお買い得セット キャンプ入荷速報
おすすめ
月別アーカイブ
ブログ内検索

全ての記事を表示する

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。